Brahms : Symphony,No.1,c minor,,Op.68

Biography

Brahms : Symphony,No.1,c minor,,Op.68

ヨハネス・ブラームスの交響曲第1番ハ短調作品68(こうきょうきょくだい1ばん ドイツ語:Sinfonie Nr. 1 in c-Moll, op. 68)は、ブラームスが作曲した4つの交響曲のうちの最初の1曲である。ハンス・フォン・ビューローに「ベートーヴェンの交響曲第10番」と呼ばれ高く評価された。「暗から明へ」という聴衆に分かりやすい構成ゆえに、第2番以降の内省的な作品よりも演奏される機会は多く、最もよく演奏されるブラームスの交響曲となっている。

ブラームス:交響曲第1番の構成

交響曲の定石通り4つの楽章で構成されているが、舞曲(メヌエットまたはスケルツォ)に相当する楽章を欠いている。また、楽章の調の構成は、5度の関係を基本とした古典的なものではなく、3度関係の調となっている(ハ短調-ホ長調-変イ長調-ハ長調)。
全曲を通して、「C-C♯-D」の半音階進行が曲を統一するモティーフとして重要な役割を果たしている。

ブラームス:交響曲第1番:第1楽章 Un poco sostenuto – Allegro

ハ短調、序奏付きのソナタ形式(提示部反復指定あり)、6/8拍子(9/8拍子)

GooglePlay Music : Brahms : Symphony,No.1,c minor,,Op.68 , Chapter.1

ブラームス:交響曲第1番:第2楽章 Andante sostenuto

ホ長調、複合三部形式、3/4拍子

GooglePlay Music : Brahms : Symphony,No.1,c minor,,Op.68 , Chapter.2

ブラームス:交響曲第1番:第3楽章 Un poco allegretto e grazioso

変イ長調、複合三部形式、2/4拍子

GooglePlay Music : Brahms : Symphony,No.1,c minor,,Op.68 , Chapter.3

ブラームス:交響曲第1番:第4楽章 Adagio – Più andante – Allegro non troppo, ma con brio – Più allegro

ハ短調→ハ長調、序奏付きのソナタ形式(ただし展開部を欠く)4/4拍子

GooglePlay Music : Brahms : Symphony,No.1,c minor,,Op.68 , Chapter.4