Brahms : Sextet for Strings,No.1,in B Flat,Op.18

Biography

ブラームス:弦楽六重奏曲第1番変ロ長調作品18

弦楽六重奏曲第1番変ロ長調作品18は、ヨハネス・ブラームスが1860年に作曲した弦楽六重奏曲である。ブラームスが27歳の年に作曲され、若々しく情熱的な曲風で知られている。
「春の六重奏」というニックネームの最も演奏される室内楽曲の一つ。

ブラームスは弦楽四重奏曲の分野では、ベートーヴェンの残した16曲の重圧により、40歳になるまで曲を発表することができなかったが、弦楽六重奏曲においては、古典派の巨匠たちに同様の曲種がなかったという気安さから、若くしてこの第1番変ロ長調を残すことができた。またヴィオラやチェロを好み、重厚な響きを好んだブラームスは、2本ずつにふえたヴィオラ・チェロの声部を自在に書くことにより、厚みのある響きや陰影豊かな叙情性を表現することに成功している。

ブラームス:弦楽六重奏曲第1番変ロ長調作品18の構成

演奏時間 35分ほど

第1楽章 Allegro ma non troppo、変ロ長調

六重奏の豊かな響きのなかに民謡風の流れるような主題が美しい。

第2楽章 Andante ma moderato、変奏曲、ニ短調

第1ヴィオラから始まる力強くロマンティックな旋律は有名である。変奏曲ではロマンティックな音楽が堰を切ったように自在に展開される。ルイ・マル監督の映画『恋人たち』で用いられていることでも知られる。

第3楽章 Scherzo. Allegro molto – Trio. Animato、ヘ長調

明るく陽気なスケルツォ

第4楽章 Rondo. Poco Allegretto e grazioso、変ロ長調

古典的な様式のなかに、やわらかい情緒が美しく浮かび上がっている最終楽章。