Brahms : String Quartet,No.3,in B Flat,Op.67

Biography

ブラームス:弦楽四重奏曲第3番変ロ長調作品67

弦楽四重奏曲第3番変ロ長調作品67は、ヨハネス・ブラームスの発表した、最後の弦楽四重奏曲である。1875年に作曲され、翌年初演・出版された。
四つの弦の響きの透明度を高め、ハイドン風の様式さえも感じ取らせるこの曲は、ブラームスの室内楽曲のなかで傑作のひとつとして輝いている。

作曲時期 1875年夏、ハイデルベルク近くのツィーゲルハウゼンにて大半を作曲。
初演 1876年10月30日、ヨーゼフ・ヨアヒム率いる弦楽四重奏団

ブラームス:弦楽四重奏曲の構成

全3曲、演奏時間は30分ほど。
最も活気に満ち、明るく朗らかな曲風である。書法としては、1873年夏に多くを作曲された第1番、第2番に比べ大きな進展を見せ、より入念なものになっている。特に、この第3番変ロ長調でみせた、第一楽章の材料を、最終楽章の変奏曲に盛り込み曲全体の統一感を図るという手法は、のちに交響曲第4番や、クラリネット五重奏曲でも応用されている。

第1楽章 Vivace ヴィヴァーチェ

変ロ長調、ソナタ形式
同じ調性(変ロ長調)であるモーツァルトの弦楽四重奏曲「狩」によく似た出だしで始まる。
GooglePlay Music : Brahms : String Quartet,No.3

第2楽章 Andante アンダンテ

澄んだ静かな響きいで抒情的な雰囲気が美しく奏でられる。

第3楽章 Agitato; Allegretto non troppo アジタート

二短調、三部形式。
「Agitato(激しく)」と指示されたこの楽章では、ヴィオラ以外の三つの楽器に弱音器装着を指定し、この楽章のほぼ全体をヴィオラが主導するという変わったものである。ブラームスの弦楽四重奏曲全3曲はヴィオラが印象的な場面が多いが、その中でも特に印象的な楽章である。

第4楽章 Poco Allegretto con Variazioni ポコ・アレグロ

変ロ長調
シンプルな主題による変奏曲。最後の演奏部分に第一楽章の明るい旋律が再現して終わる。