リチャード・ストルツマン、リチャード・グードのブラームス・クラリネット・ソナタ。グラミー賞受賞アルバム。

近年ソリストとしても高い評価を受けるグードのサポートによるストルツマンのブラームス。これは82年のグラミー賞を受賞した盤の再販になる。ストルツマンの音は肌触りのよいビロードのようで,大変ノーブルな演奏。今さら何を言うまでもない名盤である。「CDジャーナル」

1. クラリネット・ソナタ第1番 ヘ短調Op.120-1
2. クラリネット・ソナタ第2番 変ホ長調 Op.120-2

amazon : ストルツマン:ブラームス:クラリネット・ソナタ

amazon : Brahms: Sonatas for Clarinet & Piano, Op.120

GooglePlay Music : Brahms: Sonata For Clarinet & Piano, Op. 120-Richard Stoltzman

Brahms originally conceived this music for clarinet, though he later adapted the pieces for viola. He was inspired by the artistic playing of clarinetist Richard Muhlfeld; he might well have felt the same way about Richard Stoltzman. Sometimes Stoltzman’s playing can sound precious–save us all from his New Age recordings!–but here he plays like a great artist, floating the melodic lines up to heaven and never wimping out. In Richard Goode he has a pianist who is certainly an equal partner; strong, impulsive piano playing powers these performances. The disc’s low price compensates for the short playing time. –Leslie Gerber